茅野愛衣キャラランキングTOP10は?
スポンサーリンク

茅野愛衣さんは声優とは無縁で、リラクゼーションの仕事をしていました。

仕事が深夜になるほどの多忙な生活をしていた彼女が、テレビで放送されていたアニメ『ARIA』を見てたことで心が癒されたことに感銘して『アニメには癒しの力がある』ことを感じるようになり、声優を志すようになりました。

 

美容の仕事を続けながらも、声優養成所のレッスンに通い2010年に声優デビューをしています。

2012年には、彼女の超代表作『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』で初のヒロイン・本間芽衣子(めんま)役に抜擢されました。

 

その流れで、2012年には第6回声優アワードにて新人女優賞、日刊スポーツ第1回日刊アニメグランプリでMIP新人声優賞を受賞しています。

いまではたくさんの話題作に出演し、主役級の役を演じる人気声優になっています。

茅野 愛衣(かやの あい)

愛称    : かやのん、かやまろ
出身地   : 東京都
生年月日  : 1987年9月13日
血液型   : O型
身長    : 153 cm
活動期間  : 2010年 -

 

茅野愛衣キャラランキング TOP10

1位 本間芽衣子(めんま) | あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

茅野さんの一番の代表作だとお思います。

この作品を見ると、彼女の言っている『アニメには癒しの力がある』ということに感銘を受けます。

 

2位 ダクネス |  この素晴らしい世界に祝福を!(このすば)

ドM変態キャラを演じる茅野さんの演技力に逆にすごさを感じます。
"めんま"と比べて、本当に同じ人が演じているかと不思議な気持ちにもなります。

3位 白 | ノーゲーム・ノーライフ

この作品ではクールなキャラクターで、抑揚のない喋り方をしています。
兄とのテンポの良い会話が茅野さんの声で魅了しています。

4位 アリス・シンセシス・サーティ | ソードアート・オンライン アリシゼーション アリス

アリスというキャラクターを幼少期から大人まで演じています。

幼い声から大人の声、そしてキャラクターにマッチした声を聞くと、声優さんの偉大さを痛感します。

なぜ声優素人の芸能人を使うのかが不思議です。

5位 武部 沙織 | ガールズ&パンツァー

女子高生が「乙女のたしなみ」として華道や茶道などとともに「戦車道」があるという、ぶっ飛んだ設定ですが、ストーリーは面白い!

舞台が茨城県の大洗ですが、町おこしとしてガールズ&パンツァーの幟やコラボ商品がたくさんありました。

6位 胡蝶カナエ(こちょうかなえ) | 鬼滅の刃

大人気の鬼滅の刃から胡蝶カナエを演じています。
物腰が柔らかく、やさしい話し方には人を暖かくする魅力を感じさせる役柄です。

7位 椎名ましろ | さくら荘のペットな彼女

感情表現に乏しいヒロインを演じています。

世界的な天才画家としてんぽ肩書をもっていますが、1人では何もできないポンコツです。

主人公に介護をされるぐらいのキャラクターです。

8位 保登モカ(ホトモカ) | ご注文はうさぎですか?

優しいおっとりとした声が茅野さんにとてもあっています。
”めんま"といい、このようなおっとりキャラは茅野さんが一番似合うかもしれません。

9位 | 輪廻のラグランジェ

宇宙から来た少女、何かを頼まられたときに『かしこまり~』が口癖、
身寄りのない孤児で悲しい境遇を送った過去がある。

運動神経は良く、人命救助やウェイトレス、料理もそつなくこなすキャラを演じている。

10位 照橋心美 | 斉木楠雄のΨ難

PK学園のマドンナで容姿端麗な美貌は、他校にも知れわたっている。

美貌を武器に、男どもを虜にすることに快感を得る腹黒い女を演じています。

スポンサーリンク
おすすめの記事