2018年9月16日に引退する安室奈美恵さん、10代から日本の音楽シーンを一線で活躍してきたこともあり
衝撃の走った引退報道でしたね。

10代からCDの売り上げがミリオンセラーという100万枚以上の売り上げを記録している事にも驚きだが、
20代、30代、40代でもミリオンの売り上げを誇る、名実ともに日本の歌姫として君臨しています。

CD売り上げが乏しい昨今、40代でミリオンを突破する事はホントに凄い事です。

90年代から音楽シーンを引っ張ってきた安室さんですが、もう一人忘れてはいけない歌姫が浜崎あゆみさんです。

安室さんと同様に90年代から一時代を築き上げた歌手ではないでしょうか?

何かと比べられてきた二人ではありますが、安室さんが引退することで特に比べられてしまうような感があります。

二人がどのように比べられてきたのでしょう?

 

安室奈美恵

1977年9月20日生まれ 沖縄県那覇市出身

沖縄アクターズスクールを経て1992年にSUPER MONKEY'S(スーパーモンキーズ)でグループデビュー爆発的な人気はなく、アイドルグループの一つぐらいの認識でしたが、
フジテレビ系『ポンキッキーズ』で"シスターラビッツ"としてレギュラー出演することで世間に認知されるようになりグループ名を『安室奈美恵 with SUPER MONKEY'S』へと改名します。

その後ユーロビートノカバー曲『TRY ME ?私を信じて?』がヒットし同じくユーロビートカバーの『太陽のSEASON』でソロ活動が始まりました。

このカバー曲のプロデュースは現エイベックスCEOの"松浦 勝人"さんがプロデュースしています。

そして大きな転機が来ます!小室哲哉プロデュースでの楽曲提供でのミリオンヒットの連発となり世は空前の安室ブームとなり彼女を真似する人たち"アムラー"などが流行語にもなったほど安室人気が爆発しました。

ダブルミリオンにもなった『CAN YOU CELEBRATE?』は若い人でも知っている曲ではないでしょうか?

1998年、安室さんが20歳の時に結婚、妊娠をすることで1年間の産休に入ります...

 

浜崎あゆみ

1978年10月2日生まれ  福岡県福岡市出身

幼少期からキッズモデルの活動をし、グラビアアイドルや女優業を経て、1998年に"エイベックス"から『poker face』で歌手デビュー安室さんの産休と同時期にデビューしたことと数多くのタイアップ曲にめぐまれ一気に認知度をあげました。

自身で曲の作詞を手掛けていて女子高生や若者の支持を得て『女子高生のカリスマ』と言われるほどの存在になり大きな影響力をもつアーティストになりました。

女優の頃にテレビで観掛けたことがことがあったので『あれっ歌手?』と変な感じがしましたw

とにか全盛期の人気はハンパなく"エイベックス"の売り上げの4割が浜崎あゆみさんが稼いだと言われています。

 

1年後に復帰した安室奈美恵さんは人気はもちろんありましたが、産休に入る前のような爆発的人気はなく浜崎あゆみさんのほうが人気の度合いは高かった印象でした。

 

引退を表明

安室奈美恵さんと浜崎あゆみさんの二人は30代あたりから比較されるようになり、自分の道を貫く二人でしたが、安室さんは体型やダンスの切れが衰えることなく昔と変わらぬパフォーマンスを見せる一方、浜崎さんは激太りと見た目の劣化がひどくなりました。

しかしもパフォーマンスではドレスで歌う格好や髪の色などが昔と変わらない状況なので、昔と比較されがちになってしまいました。

おまけに歌も衰えてしまったようで全盛期を知っている人にはショックだったようです。 

変わらずに質の良いパフォーマンスを繰り広げる安室さんと、激太りや劣化などの変わった姿を見せる浜崎さんとでは安室さんの方が称賛されるのでしょう。

 

浜崎あゆみさんの変化は年相応と思うのですが、安室奈美恵さんが変わらなすぎるので、比較レベルが上がってしまうのでしょう。

 

安室さんが引退表明をしたことで世間はビックリしたことと彼女の生きざまに感銘を受けた人が多くさらに安室奈美恵さんの株が上がったようです。

90代後半から日本の音楽シーンを引っぱて来た二人だからこそ比べられてしまうのでしょうね。

 

おすすめの記事