巨額の製作費映画『阿修羅』が大コケ!他の赤字映画は?

中国が巨額の製作費をかけて制作した映画『阿修羅』の興行成績が悪く、公開1週間目で打ち切られる
という歴史的珍事がおこりました。

『阿修羅』がなぜ失敗したのか調べてみました。

 

阿修羅が失敗したのは?

映画『阿修羅』アリババ影業集団(アリババ・ピクチャーズ)が128億円という巨額の製作費をかけて製作しました。
中国で大作と言われる映画でも製作費はその半分以下の50億円程度と言われてるので、『阿修羅』がいかにお金をかけた作品なのかがわかります。

日本映画の製作費は5000円が平均で、日本の興行収入1位の『千と千尋の神隠し』308億円でも
製作費は20億円と言われています。

アリババと言ったら、中国のオンラインマーケットで、1日で2兆円以上を売り上げたほどの有名サイトですね。

 

『阿修羅』は仏教の守護神になったアシュラ王を主人公にした冒険ファンタジー映画で、3部作構想の第1部でしたが、公開初週の興行収入が8億2500円余りだったことで映画館での上映を打ち切ったみたいです。

一番お客さんが動く公開初週で興行収入が8億2500円では128億円の製作費は回収不可能なので、赤字が増える前に早めの撤退を決断をしたのでしょう。

 

それでも製作費を無視したら、日本で興行収入10億円を超えればヒットと言われているので、初週8億円の興行収入はすごいですよね!

さすが中国の人口と言ったところでしょうかw

中国の映画評価サイトでも10段階のうち3.1の低い評価でした。

世界観が安っぽく、特殊効果を使い過ぎで話が入ってこないような意見があります。
2400シーンの特殊効果を使っているのが裏目に出たみたいです。

被り物も違和感があり、阿修羅の顔がなんか不気味ですね。

『ワイルド・スピード SKY MISSION』の視覚効果アーティスト
チャーリー・イトゥリアーガ

『ロード・オブ・ザ・リング』の衣装担当していたデザイナー
ナイラ・ディクソン

など有名映画に参加したスタッフもいるのですが、脚本も雑な事もあり"製作費の1000/1でも脚本に回せばよかったのに"とネットの声もありました。

その他にも

・今年最悪の映画のトップ3は2018年に生まれました!

・ヴァンパイア腐った映画!非常につまらない映画!

・この映画は21世紀の最悪の映画10本の1つになると予測しています。

・近年特殊効果が増している派手な映画ほど、悪化しています。

・この映画の意味は何ですか?

・時間を無駄にする無駄な俳優。

・誰かが悪意のある悪質なレビューを書いたと聞きましたか?この映画は悪意をもって見直される必要はないということです!

 

などの意見があり、星一つの評価が65%だけあって厳しい意見が多数でした。

 

ハリウッドで最も大赤字を出した映画

キングアーサー 2017年

損失・約170億円


シンドバッド 7つの海の伝説 2008年

損失・約140億円

 

ジョン・カーター 2012年

損失・約137億円

 

ファイナルファンタジー 2001年

損失・約130億円

 

個人的には『キングアーサー』は面白かったのですが...アメリカではうけなっかたようです。

 

まとめ

『阿修羅』がここまで評判が悪いと逆に観てみたい気もしますね。

ハリウッドを追い抜け追い越せ!と思うぐらい中国の映画には力が入っていますが、今回の『阿修羅』などをみると
まだまだハリウッドの壁は高いのだと実感しますね。

おすすめの記事