シブがき隊が解散して30年!現在のメンバーは?

かつてジャニーズ事務所の人気グループで一世を風靡した"シブがき隊"が解散して30年の月日が経ちました。
若い世代の人には確実になんのこっちゃ?と思うようなことでしょうが、当時の人気は凄まじいほどありました。

後の"少年隊""光GENJI"の人気が爆発的なほどの人気だったので多少かすむ感じではありますが...

現在の"嵐"以降のグループよりは人気があったと思います。
シブがき隊の経緯と現在のメンバーの活躍を調べてみました。

シブがき隊メンバープロフィール

本木雅弘 (もとき まさひろ)
生年月日    1965年12月21日
血液型     A型
出身地     埼玉県桶川市出身
愛称      モックン
イメージカラー レッド

薬丸裕英 (やくまる ひろひで)
生年月日    1966年2月19日
血液型     B型
出身地     東京都武蔵村山市出身
愛称      ヤックン
イメージカラー ブルー

布川敏和(ふかわ としかず)
生年月日    1965年8月4日
血液型     B型
出身地     神奈川県川崎市出身
愛称      フックン
イメージカラー イエロー

1981年のTBSドラマ『2年B組仙八先生』に出演したジャニーズ事務所所属の3名で結成されました。

当時15、16歳だったことで『シブい"ガキ"』と言う意味で"シブがき隊"と命名されたようです。

今では"ジャニーさん"の鶴の一声でグループ名が決まるらしいですが、"シブがき隊"は雑誌セブンティーンの一般公募で決まった唯一のグループです。
"金八先生"ではなく"仙八先生"です。当時"金八"人気にあやかり、"仙八先生"、"貫八先生"などの似たような学園ドラマがありました。

結果残ったのはオリジナルの"金八"だけだったんですが...

1982年にキャッチフレーズは『YMF 正面突破』で『花の82年組』として『NAI・NAI 16』で歌手デビューしました。
『花の82年組』?と思うに共いると思いますが、この年はアイドル豊作の年と言われていて

・小泉今日子
・三田寛子
・中森明菜
・早見優
・石川秀美
・松本伊代
・堀ちえみ

などの有名アイドルがデビューした年です。

数年に一人出るかで出ないかの有名アイドルでこの人数は多いですね。

シブがき隊の解散理由

シブがき隊は88年に6年半の活動で解散しています。
シブがき隊の解散理由はいくつか浮上していますが、不仲説と言う理由が大きく言われています。

薬丸さんは解散の真相について『そもそも仲が悪かったから』『いびつなトライアングルだった』『本木と布川は仲が良かった』『あの二人は誰とも仲良くなれた』シブがき隊の人気を根こそぎ持っていかれたチェッカーズや吉川晃司とも仲良くしていたことが信じられなかったようです。

薬丸さんは最後までドリフターズのようにそれぞれの仕事をしていても特番で集まれればいいと思っていたようですが本木さんが役者の方向にいきたいと思ったようです。

本木さんの発言では解散前からジャニーズ事務所を辞めたかったようで『辞めたい』と2人に言ったら、『布川さんは“本木がそう言うならまぁいいよ”って。

薬丸さんは、やっぱりグループを本当に愛していたし、続けたいという気持ちはあったんだと思います。でもまぁ、私が暴走したので』とおっしゃっていました。

布川さんの発言では、解散を最初に言い出したのは布川さんで本木さんが発言する5年前には解散をほのめかしたようですが周りに丸め込まれたようです。

仕事という感じよりも部活という感じだったようで、その理由が給料がすべて親の口座に振り込まれていたらしく仕事の意識があまりもてず周りの同年代が就職や進路を決め始めていたことで『俺も働かなきゃ』と思って解散の話を持ち出したようです。

 

当時のジャニーズやアイドルは10代が当たり前で20代ではアイドルを卒業する歳でしたし、SMAPがブレイクするまでは給料も20万円もいかない給料と言われていましたからね。
解散を最初に発言したのは布川さんのようですが、実際の解散宣言になったのは、本木さんが解散を促したことで間違いないようですね。

現在、元シブがき隊の3人は?

本木雅弘
解散後ジャニーズ事務所を退社し俳優活動を開始スキンヘッドの役などをこなしジャニーズのイメージを払拭させる活動をしました。俳優へのキャリアを着実に進み2009年の主演映画『おくりびと』がアカデミー賞外国語映画賞を受賞しています。

プライベートでは"内田裕也"と"樹木希林"の娘、"内田也哉子"と結婚し2男1女の父親でもあります。
婿養子に入っているよなので本名は"内田雅弘"ということですね。

とにかくジャニーズを辞めた人でここまで一線で活躍しているのは"モックン"だけでしょう。映画、ドラマ、CMで50歳を過ぎても主役級は凄いことですし、男女ともに世代を超えた人気があります。

これで50歳を過ぎてるって...かっこ良すぎだ.....

薬丸裕英
解散後1年後にジャニーズを退社し、ジャニーズの時のような、とがったキャラのイメージを脱ぎ捨て、朝の情報番組『はなまるマーケット』を17年半にわたり朝の顔として司会をして良いパパ像を築きました。

アイドル時代より交際していた"石川秀美"と結婚し、3男2女の父親となっています。

『はなまるマーケット』が終了した後はテレ東の『なないろ日和!』で再び朝の顔、昼は『バイキング』で木曜レギュラー、夕方は『よじごじDays』の木曜レギュラーなどでマルチタレントとして大活躍をしています。

ジャニーズに入る前からヤンチャな私生活を送っていたと言われている"ヤックン"が朝の顔や良いパパというイメージを持たれるの意外でしたが、長年このイメージで見てるので、良く似合っていますね。

布川敏和
解散後ジャニーズ事務所を退社しタレント業をしているようですが、何をしているのか一番不明なのかもしれません。番組のゲストとしてたまに見かけるほどでこれと言った代表番組もない印象です。

プライベートでは元タレントの"つちやかおり"と結婚し1男2女の父親ですが、2014年に離婚しています。
シブがき隊時代のエピソードを切り売りしながら活動しているイメージがありますね。

 

30年前に解散してしまったシブがき隊ですが、現在もでも芸能界で活動しています。『はなまるマーケット』や『オールスター感謝祭』で共演していましたが、再結成はないのでしょうね。

ですが、3人で話をする番組は見てみたいな~と思います。

おすすめの記事