カジノ法案はどうなるの?メリット、デメリットでどんな影響がでる?
スポンサーリンク

カジノ法案が着実に進んでいる。日本でもついにカジノが解禁されます。
外国人を誘致して外貨を稼いで国や地方自治体に財政的貢献をするためと言っていますが、
実際どんなメリットやデメリットがあるのでしょう。

カジノ法案とは?

そもそも日本で賭博は刑法で禁止されています。
法律で禁止されてる以上、日本ではカジノ施設は作れません。

それを合法化するための法案がカジノ法案で、正式には『特定複合観光施設区域の設備の推進に関する法律案(IR推進法)』と言います。

この法案が施行されると許可を受けた場所で統合型リゾート(IR)とよばれる複合施設を作りことができます。

カジノ施設、国際会議場・展示施設、ホテル、商業施設などが一体になったもので、例えるなら東京ディズニーリゾートのカジノ版ができる感じですね。

カジノができるメリットは?

国内外からの観光客の誘致やMICEの振興

観光客を集めて経済の活性化とMICE誘致を目的としています。

MICE施設とは

Meeting(会議・研修・セミナー)
Incentive tour(報奨・招待旅行)
Convention またはConference(大会・学会・国際会議)
Exhibition(展示会)

の頭文字をとった造語です。

ビジネストラベルの一つの形態でカジノや劇場を併設することで維持費を作るのが目的です。

観光客からの収入

カジノができることで相乗効果の期待がもてます。
ホテルや商業施設などで国内外での観光客からの収入が見込められます。

地域での雇用促進

カジノや複合施設を運営するには必ず人員の雇用が必要になります。
大型施設の計画なのでカジノで働く人数はかなりの数になります。

パチンコなどの抑制

駅前などにパチンコなどの賭博場があるのは異常事態で先進国では日本だけです。
日常の生活圏内にあるパチンコは他の国のギャンブル依存症の10倍と言われています。

どこの町にでもパチンコが遊戯できることに対して、カジノは特定の場所でしか遊戯ができないため、
カジノ解禁がパチンコへの「遊技者減少」と「規制強化」につながることが期待できます。

スポンサーリンク

カジノができるデメリットは?

ギャンブル依存症の増加

現在日本で認められているギャンブルでもギャンブル依存症を患っている人がいます。
それに加えカジノができることでギャンブル依存症が増えるかもしれません。

さらに貧富の差が生まれる

カジノや商業施設ができ、何らかの形で富裕層が施設や関係性のある土地に投資することで、さらに
財を築くような形が生まれます。

カジノができる場所は?

カジノができる場所はどこでしょう?
場所はまだ決まってませんが、カジノ施設は最初は3個所までということです。

全国の自治体がカジノ誘致に手を上げています。
主なカジノ候補は北海道、千葉、東京、神奈川、大阪、宮崎、長崎、沖縄です。

東京は?と思いますが、一番の候補ではないようです。

理由としては、

東京オリンピックで手が回らない。
カジノを誘致する場所がない。

などの理由があるようです。

他の自治体は是が非でも誘致したいところですね。

 

まとめ

IR・統合型リゾート施設の整備法案が可決されましたが、カジノができるまでにはまだ時間がかかりそうです。

法案が国会内で成立してもやることはたくさんあります。

カジノ施設に向けての法整備
設置場所の決定
施設の設計、建設、スタッフ集め

 

2020年の東京オリンピックにできるものだと思っていましたが現状では難しそうです。

日本の経済や観光を支えるためのカジノですが、日本人の生活を支えるためのものであってほしいものです。

スポンサーリンク
おすすめの記事