ブラッド・ピットの若い頃がぐうカッコいい件について
スポンサーリンク

90年代~00年代を席巻した"ブラッド・ピット"ピープル誌で最もセクシーな男に2回も選ばれたほど90年代~00年代を席巻した"ブラッドピット"ピープル誌で最もセクシーな男に2回も選ばれたほどのハリウッドを代表する俳優です。

日本でもカッコいい男の象徴になって映画『ファイトクラブ』ではファッションをまねする人も少なくありませんでした。
現在でも渋みを増しながらハリウッドスターとして第一線で活躍する"ブラッドピット"の美貌を映す作品を紹介したいと思います。

ブラッド・ピット

生年月日:1963年12月18日
出生地:アメリカ合衆国オクラホマ州シャウニー
身長:180 cm
職業:俳優・映画プロデューサー

1987年の映画から活動が始まりまりすが、最初はちょい役しか貰えずエンドロールにも名前が載らなかったらしいです。

1992年 リバー・ランズ・スルー・イット

"ブラッド・ピット"が注目されたのは1992年の『リバー・ランズ・スルー・イット』です。

リバー・ランズ・スルー・イット [Blu-ray]

1970年代に活躍したハリウッドスター"ロバート・レッドフォード"の回顧録で主役の弟役を演じました。
自然の中で行う釣りなどの美しい映像が話題になり、ブラッドピットの若手俳優の地位も確立していきます。

この映画で若い頃のレッドフォードにそっくりと言われるようになった"ブラッド・ピット"自身も「師匠であり、もう一人の父親のような存在」と言っています。

 
そっくりですね

日本でも"ブラッド・ピット"の名前は憶えられてきましたが、まだまだ今のような知名度ではありません。

1994年 インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア

1994年には『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』で"トムクルーズ"と共演しています。吸血鬼役を演じ評価も好評でしたが、
日本ではまだまだ"トムクルーズ"のほうがピックアップされるような状況でした。

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア [Blu-ray]

長髪も似合っていますね。

1999年 セブン


セブン [Blu-ray]

"ブラッド・ピット"が日本でも爆発的に認知されたのが、この『セブン』でしょう。

映画自体が重い作品となっている中"ブラッド・ピット"が容姿だけじゃなく演技でも評価された作品でした。


日本でも"ブラッド・ピット"のカッコよさを大体的に紹介した作品でした。

ここからの"ブラッド・ピット"は無敵です。
カッコいい男の代名詞になり、日本では"木村拓哉"、世界では"ブラッド・ピット"みたいな構図でした。

 

1997年  セブン・イヤーズ・イン・チベット


セブン・イヤーズ・イン・チベット [Blu-ray]

オーストリアの登山家と若きダライ・ラマとの交流を描いた作品
中国では上映禁止と"ブラッド・ピット"の中国支配地域の入国を無期限で禁止されていました。(2016年に入国している)

金髪と長めの前髪がカッコよかった!

1997年 ジョー・ブラックをよろしく


ジョー・ブラックをよろしく [Blu-ray]

1934年の映画『明日なき抱擁』のリメイク作品
映画の評価は最低だったが"ブラッド・ピット"の美しさには定評のあった作品。

個人的には面白かったのですが...

1999年 ファイトクラブ


ファイト・クラブ [Blu-ray]

役作りのために格闘技や肉体改造を行った事で理想的な細マッチョな肉体を作り、深みのあるキャラクターを演じました。

2008年イギリス最大の映画雑誌『エンスパイア』で『最高の映画キャラクター100人』として『ファイトクラブ』で"ブラッド・ピット"が演じた”タイラー・ダーデン"でした。

その他でも劇中で、サブリミナルカットが挿入されている事や"ブラッド・ピット"の肉体とファッションにも注目が行き、柄の70’sTシャツは日本でも流行りました。

2000年 スナッチ


スナッチ [Blu-ray]

この作品に出演するためにギャラなどそっちのけで監督に直訴した作品。
ガイ・リッチー監督は元マドンナの旦那さんですね。

2001年 ザ・メキシカン


ザ・メキシカン [Blu-ray]

"ブラッド・ピット"と"ジュリア・ロバーツ"のトップスターの共演が話題になりましたが、評判はあまりよくなく日本でもブラピ人気で話題になった作品です。

オーシャンズ11


オーシャンズ11[Blu-ray]

"ブラッド・ピット"の代表作の一つと言ってもいいほどの当たり役でした。

知的でクールなカッコ良さを演じました。

2004年 トロイ


トロイ [Blu-ray]

神話にでてくるアキレスを演じるために『ファイトクラブ』よりも大きい筋肉を作りマッチョな体をてにいれました。


出典:http://www5f.biglobe.ne.jp/~baru_sa/baru_troy_uma_2.htm

劇中にでてくるトロイの木馬は新宿の駒劇前にも設置されました。

 

日本のCM

日本のCMにも起用されました。

■ ホンダ・インテグラ
■エドウイン
■ツーカーホン関西
■ルーツ・JT
■ポケットバンク
■ロレックス
■ソフトバンク
■モバイル
■シャネル

個人的にはエドウインのCMが印象的で好きでした。

 

全盛期のカッコよさには劣るものの"ブラッド・ピット"も50代半ばになり年々渋みを増しています。

このままカッコよく歳をとってもらいたいですね。

スポンサーリンク
おすすめの記事