『ゲゲゲの鬼太郎』歴代″鬼太郎”と声優はこんな感じ

2018年4月に"ゲゲゲの鬼太郎"の6期の放送が開始されました。
1期の放送から半世紀以上も経つ作品で、日本を代表するアニメの一つだと思います。

 

主人公の"鬼太郎"がどのように変化をしていったのか歴代の〝鬼太郎"を紹介したいと思います。

歴代の鬼太郎

『水木しげる』先生は"ゲゲゲの鬼太郎"の作者として有名ですが、主人公の〝鬼太郎は"水木先生の創作したオリジナルキャラクターではありません。

1930年代の"墓場奇太郎"という紙芝居から原作者の許可を得て創作したものです。

原作の"墓場の鬼太郎"はグロテスクな描写や残酷な話があるヒーロー鬼太郎とはかけ離れたキャラクターになっています。

1期 1968年 - 1969年  (60's)

出典:東映アニメーション

 

白黒画像の時代の作品で、原作よりもマイルドなキャラクターにして鬼太郎が悪い妖怪を倒すというコンセプトにしたことで、子供たちのヒーローとなり妖怪ブームの火付け役になりました。
"ゲゲゲの鬼太郎"の歴史はこの成功があったからこそです。

 

声優は野沢雅子さんもう説明のいらないレジェンド声優ですね。

『ど根性ガエル』(ひろし)

『銀河鉄道999』(星野鉄郎)

『ドラゴンボール』(孫悟空)

2期 1971年 - 1972年  (70's)

出典:東映アニメーション

 

"ゲゲゲの鬼太郎"初のカラー作品となっています。1期より原作に近い雰囲気のある作品になっていて、救いのない話や、怪奇色の強い話などの大人向けの作品もあります。

 

声優は1期につづき野沢雅子さん

3期 1985年 - 1988年  (80's)

出典:東映アニメーション

大幅にリニューアルした作品でもあり声優陣も"目玉のおやじ"以外は皆交代しました。

原作を大幅にアレンジした話もあり、現代社会で人と妖怪の共存などがテーマが印象的です。

 

"鬼太郎"のちゃんちゃんこラインが黄色が上になっているのが特徴。
視聴率も歴代最高の29.6%を記録しています。

 

声優は戸田恵子さん女優業でも活躍していて『アンパンマン』も声優さんでも有名ですね。

4期 1996年 - 1998年  (90's)

出典:東映アニメーション

3期でヒーロー路線の方向だった作風を原作に近い"ゲゲゲの鬼太郎"になりました。

原点回帰をしてクールな鬼太郎が帰ってきました。

 

声優は松岡洋子さん

『珍遊記』 (げんじょう)

『ロボット8ちゃん』( 8ちゃん:2代目)

『スタートレック:ヴォイジャー』(キャスリン・ジェインウェイ)

5期 2007年 - 2009年    (00's)

出典:東映アニメーション

社会の物事や流行を取り入れた作風でもあり、独自設定も多く鬼太郎が少年の姿で何十年も生きている設定です。

 

声優は高山みなみさん『名探偵コナン』の"コナン"の声優で有名で、意外と知られてないのが、『魔女の宅急便』の"キキ"役もやっています。

6期  2018年4月1日 -  (10's)

出典:東映アニメーション

歴代の鬼太郎の中でもかなり人間に対して閉鎖的なキャラクターとなっています。

原作の風刺色と現代の事柄を取り入れた作品。
"目玉のおやじ"役の『田の中勇』さんが亡くなり、初代鬼太郎役の『野沢雅子』さんが担当。

 

声優は沢城みゆきさん

『ルパン三世』(峰不二子:三代目)

『HUNTER × HUNTER』(クラピカ)

『化物語』(神原駿河)

墓場鬼太郎 2008年

出典:東映アニメーション

5期と同じ時期に深夜枠で放送された"ゲゲゲの鬼太郎"とは全く違う鬼太郎を描いた作品。

ゲゲゲと共通した序幕的な意味もあるが、原作を忠実に描いた怪奇風作品です。

 

〝鬼太郎・目玉のおやじ・ねずみ男″などの声優は1期の声優さん達が行ったこともあり、深夜枠でありながら好調な視聴率でした。

 

時代の流れとともにスタイリッシュな"鬼太郎"になってきていますが、半世紀以上みなさんに愛されている"鬼太郎"は世代によっての"鬼太郎"があるのでしょうね。

おすすめの記事