サクラ大戦のDNAを受け継いだ新作をセガが発表!

東京、秋葉原のベルサール秋葉原で開催された“セガフェス2018”で『新サクラ大戦(仮題)』プロジェクトの始動が発表されました。

 

『サクラ大戦』ファンにしてみると待ちに待った新作ですのでよ喜びもひとしおだと思います。

 

サクラ大戦とは?

『サクラ大戦』(さくらたいせん)は1996年にセガサターンのゲームソフトとして販売されました。

 

ドラマチックアドベンチャーゲームとして人気を博し、その年の『ゲーム大賞』年間作品部門 大賞を受賞しています。

 

舞台は大正時代もモデルにした『太正』という時代を使い、『帝国華撃団・花組』という特殊部隊が魔物と戦うストーリーです。

 

その世界観では主人公への好感度が戦闘能力に反映します。

恋愛シミレーションや戦略シミレーションのゲーム性もあって幅広い要素が取り入れられ、プレイヤーを夢中にさせました。

人気とともに続編も発表されました。

 

 

1996年  サクラ大戦
1998年 サクラ大戦~熱き血潮に~(1のリメイク)

サクラ大戦2 〜君、死にたもうことなかれ〜

2001年 サクラ大戦3 〜巴里は燃えているか〜
2002年 サクラ大戦4 〜恋せよ乙女〜
2005年 サクラ大戦V 〜さらば愛しき人よ〜

 

 

アニメやパチンコ・パチスロ

2000年には『サクラ大戦』を元に、独自の脚本や演出を加えたアニメも制作されました。

 

そして『サクラ大戦』のパチンコやパチスロのタイアップ機が発売されて、『サクラ大戦』をしらなかったパチンコやパチスロユーザーにも認知されました。

 

パチンコ、パチスロのタイアップは馬鹿にできません。

いままで全く興味が無く名前さえ知られてなかったのに、知名度が上がるとともに関連したゲームやアニメにも興味を持たれます。

 

Twitterでも喜びの声

コスプレイヤーにも人気のある『サクラ大戦』新作が楽しみですね。

おすすめの記事