谷岡学長が被害届!学長辞任かな?

女子レスリング、オリンピック4連覇の伊調馨選手が日本レスリング協会の栄強化本部長から受けたパワハラ問題で栄氏が強化本部長を辞任することになりました。

 

栄強化本部長が協会を辞めることで一件落着としたいところですが、至学館大学の谷岡郁子学長の発言が物議を醸しだしています。

 

伊調選手に対する発言

栄氏はレスリング協会の強化本部長の役職についていますが、至学館大学レスリング部の監督も兼任していました。

 

伊調選手のパワハラ発言で、物議がでているなか谷岡郁子学長が記者会見をしました。

 

栄氏の圧力によって伊調選手の練習場所がないこされる件について

 

『私が使わせると言えば伊調馨さんがいつでも使うことができます。』

『その程度のパワーしかない人間なんです。栄和人は』

『パワーがない人間によるパワハラがいったいどういうものなのかわ私にはわかりません。』

 

『そもそも伊調馨さんは選手なんですか?』

『そもそも彼女は東京五輪を目指しているんですか?』

 

この記者会見が批判とひんしゅくをうける会見となってしまい栄氏のイメージまで悪くなっていた感じがします。

 

伊調馨さんが休みたいといった発言にたいして『選手なのか?』という発言はナンセンスですよね。

伊調選手は引退発言などは一切してないのに...

 

栄監督の辞任

日本レスリング協会が、伊調選手に対する栄強化本部長の言動がパワハラと認定されました。

 

それにより栄強化本部長はレスリング協会を辞任することなりました。

 

協会は栄氏が強化本部長としての過去10年間で少なくとも4件のパワハラがあったことを認めて選手やコーチに謝罪しました。

 

そして谷岡学長です。

パワハラはなかったことで大きな発言をして栄氏を擁護したつもりですが、協会が認定したので立場がありません。

記者の問いかけにも完全無視ですw

 

フジテレビの取材で被害届

これによって谷岡学長は取材を完全拒否するのですが、フジテレビの路上取材でパワハラのことを聞くと逃げ回るように『警察呼びます』などをいって拒否をします。

 

この取材で谷岡学長は撮影していた男性ディレクターに左腕をつかまれケガをしたとして診断書とともに被害届を警察に提出しました。

 

ですが取材時に撮影された動画をみると左腕をつかんだ様子は一切ないように見えますし、フジテレビもそれを放送しています。

辞任説も浮上

谷岡学長はあれだけ大きな発言をして自分が不利になったとたん一切取材拒否で話さなくなり、おまけに何もされてないのに被害届...これはもう擁護の使用がありません。

 

まわりのこえも辛らつです。

 

これはもう逃げられない状況になっています。

あれだけの発言をテレビでしたのだから説明ぐらいはしてほしいものです。

おすすめの記事