パワハラ受けた19歳巡査が頭に発砲!?ホントに日本の事件かよ!

11日午後8時45分ごろ、滋賀県彦根市南川瀬町の河瀬駅前交番内で、男性巡査部長(41)が頭を拳銃で撃たれ、倒れているのを発見されました。

搬送された病院で死亡を確認されています。

 

県警は銃を撃って逃走した犯人を19歳の巡査の男と発表しています。

 

警察官が同僚を撃ったという信じられない事件です。

 

後ろから頭を銃で撃たれた

田んぼにパトカーが突っ込んでいると110番通報があり、署員が確認のために配属先の交番に行くと、机にうなだれ血を流している巡査部長を発見しました。

 

後頭部と背中に銃弾による傷があることから椅子に座っている状態で背後から2発撃たれたとみられています。

 

 

8時半から24時間体制で勤務していた2人ですが、19歳巡査の拳銃はなくパトカーで現場を離れ乗り捨てたとみられています。

 

ホントに日本の事件なのかと疑ってしまします。

まるで映画やドラマのような事件でピンとこないのが最初の感想でした。

 

パワハラを受けて撃った

拳銃を打ったことは間違いなく罵倒されたので撃ったと19歳巡査は言ってます。

 

どんな言葉で罵倒されたのでしょう?

警察官のパワハラは全員とは言いませんが、一般市民にもひどいパワハラをする警察官は多いです。絶対に謝らないし、非を認めません。

職権を乱用しているから『自分は偉い!』『正義の使者だから間違いない!』と思っているような言動が多いです。主観ですが...

 

ですから部下の19歳巡査にも頭ごなしのパワハラを行った事は容易に想像できるので、19歳巡査は衝動的に頭に血が上って撃ったと思います。

 

だけどパワハラがあったとはいえ、19歳巡査の人格をちょっと疑います。

 

19歳巡査は今年1月に河瀬駅前交番に配属され、

41歳の巡査部長は今年の三月に配属されました。

 

2人が一緒に働いた一カ月強でどんなことがあったのか分かりませんが人を殺すまでの怒りを抱え込むには時間が少なすぎるし、

衝動的とはいえ警察官が発砲するには、辛抱が足りなすぎる気がします。

 

やはり警察官という立場ですから、19歳の若さも関係はありませんし、嫌なら警察を辞めればよかったと思います。

射殺は行き過ぎだし、この人を警官にした警察の採用基準を疑います。

 

 

身柄確保

目撃者によると、4キロ先の田んぼに運転手側ドア開けっぱなしで舌打ちをして歩いていく巡査を目撃したようです。

 

その後、線路の上を歩いていた巡査を確保したらしいですが、財布に50万の現金を持っていたようです。

 

逃走する気でお金をおろしたのでしょうか?

お金をおろしても逃げ切れないと踏んで線路を自暴自棄に歩いていたのでしょうか?

まとめ

若さゆえと言うところなのでしょうか...

自分の感情を適正に対処してくれる組織に報告するなどの知恵が回らなかったのか、警察内部がそれを許さない環境なのか...

 

将来のある19歳の事件でもあり、20歳以上離れた年上のパワハラ、同情はしますが、警察官という立場での事件としては擁護ができない問題かもしれません。

 

おすすめの記事