オウム真理教の菊地直子元信者が逃げまわった結果...無罪かよ!

オウム真理教の"地下鉄サリン事件"関連の事件、東京都庁小包爆弾事件で、殺人未遂ほう助の罪に問われてた菊地直子元信者が最高裁で無罪になりました。

菊地直子元信者

菊地 直子 きくち なおこ

1971年12月9日

 

オウム真理教の元信徒。

 

ホーリーネームはエーネッヤカ・ダーヴァナ・パンニャッター オウム真理教事件被疑者の1人として、警察庁特別指名手配被疑者に指定され、長期間逃亡していた。

地下鉄サリン事件に使われたサリン製造に何らかの形でかかわっていたかの報道が逮捕までなされていたが、全く無関係であり、逮捕容疑であった地下鉄サリン事件、VX殺人事件ともに処分保留となり、最後に逮捕された東京都庁小包爆弾事件では起訴されたものの裁判員裁判の一審では殺人未遂幇助罪で懲役5年の判決が出たが二審では無罪となった。

 

その後、最高裁で検察の上告が棄却され、無罪が確定することになった。

出典:Wikipedia

オウム真理教の麻原彰晃はチベットの仏教指導者、ダライ・ラマと接触したことをオウムの宣伝や普及活動におおいに利用しました。

 

ホーリーネームはオウム真理教で麻原彰晃がみとめたレベルに達した時に与えられる祝福名です。

ホーリーネームを与えられた人ほどオウム真理教の犯罪に加担しているのではないでしょうか。

 

東京都庁小包爆弾事件

東京都庁小包爆弾事件、1995年5月16日に発生したテロ事件。

オウム真理教が東京都知事青島幸男宛に小包爆弾を送り、東京都新宿区の東京都庁舎内で爆発させ都職員に重傷を負わせた殺人未遂事件。

出典:Wikipedia

菊地元信者はもともと地下鉄サリン事件で指名手配されていた記憶がありますが、起訴できる証拠が少なすぎたために爆弾事件の方で起訴されたようです。

 

証拠も立証も難しいので今回は無罪...ん~なんかしっくりこない!

 

無実なら最初から17年間も逃亡しなければいいのに!

無罪を主張するなら当時オウムが暴走していることを警察に言うなり協力をすればよかったのに!

 

少なくとも当時はオウム真理教を崇拝していたのでしょう?お手伝いもしたのでしょう?

爆薬原料の「運搬役」として起訴された。公判では爆発で重傷を負った被害者に謝罪する一方で、「運んだ薬品が爆弾テロや殺人に使われるとは想像もできなかった」と無罪を主張。化学知識が乏しく、指示に従うだけだった-と証言していた。

出典:菊地被告、17年間逃亡 爆薬原料の「運搬役」として起訴、公判では無罪主張

 

被害者は重傷

1995年5月16日午後7時頃、都庁の知事秘書室で、当時44歳の東京都職員の男性が青島幸男知事宛の小包の梱包を開封し、中に入っていた単行本を開いたところ、突然本が爆発した。都職員の男性は左手の指全てと、右手の親指が吹き飛ぶ重傷を負った。

出典:Wikipedia

この事件の被害者は左手の全部の指と右手の親指が無くなったんですよ!

自分の指が6本も無くなったんです...

結果がそうなってしまったら受け入れるしかないのかも知れません。

そして国が手厚く面倒をみてくれるのかもしれません。

 

でも、あなたが『国が面倒見てくれるから指を6本失ってもいいですか?』と問われたら何人の人が『お願いします』と言うのでしょう?

大半の人が五体満足でいたいのではないのでしょうか?

 

こんな理不尽なテロ事件に関与していた菊地元信者が立証できないから無罪...結局逃げたもん勝ちみたいな感じがやりきれないです...

 

 

おすすめの記事