村上春樹のノーベル賞にビートたけしが『大したこと書いてねぇ』

ここ十数年ノーベル文学賞を日本人が受賞できるか気になる季節が来ました。

 

期待している受賞者候補は村上春樹です。

 

ハルキストにしてみれば今年こそはと盛り上がっているに違いありません。

村上春樹がノーベル賞候補になった理由

元をたどれば2006年にフランツ・カフカ賞を受賞したことから始まります。

チェコのフランツ・カフカ協会がプラハ出身の作家フランツ・カフカにちなんで創設した賞であり、

『現代の世界文学における最も偉大な作家の一人であるカフカの作品のように、自らの出自や国民性、属する文化といったものにとらわれない読み手たちに向けて書こうとする現代作家の、芸術的に特に優れた文学作品を評価すること』

を指針として受賞者の選定が行われる。

出典:Wikipedia

 

このフランツ・カフカ賞を2004年と2005年に受賞した作家がノーベル文学賞を受賞したことで村上春樹にもノーベル賞を受賞するのではないかと言われ始めました。

候補者の選任は公開されていない

ノーベル委員会ではその年の候補者の公開は50年後と言われています。

村上春樹のノーベル賞で毎年盛り上がっていますが、実は候補に入っているのかも分かっていないのです。

 

しかし世界最大規模の賭け屋、英ブックメーカーでは村上春樹を人気2位として予想をしています。

 

ほんとブックメーカーは何でも賭けますね。

ビートたけしが否定

テレビ東京の番組でビートたけしが生放送でノーベル賞の話をした中で村上春樹にたいして「『あいつの本だって大したこと書いてねえ』『なぜ走るのか』とか『走ることによって』とか、『黄色の横のこの色は』とか、何言ってやがんだ馬鹿野郎」と発言し太田光も同調してました。

 

歯切れのいい発言で面白いのですが、ハルキストにしてみれば心中穏やかではないでしょう。

 

 

 

 

川端康成、大江健三郎につづく日本人3人目のノーベル文学賞を受賞できることを期待したいです。

おすすめの記事