保毛尾田保毛男の批判はなぜされる?ハゲは?デブは?

とんねるずのみなさんのおかげでした30周年記念のスペシャル番組で保毛尾田保毛男(ほもおだほもお)が久しぶりに登場しました。

 

石橋貴明が扮する往年のキャラクターですが、とんねるずのコントでは欠かせないキャラクターでもあります。

 

しかしこの『ホモ』を連想させる名前が物議を醸しだし、性的マイノリティに対しての侮蔑用語と批判されて、フジテレビの社長が謝罪をするまでの問題になりました。

批判されたのは時代の流れ

 

LGBTの関連団体が「『ホモ』という単語は男性同性愛者に対する蔑称であるとともに、その存在⾃体を嘲笑の対象として表現することは、

今なお⽇本社会に残る性的少数者への差別や偏⾒を助⻑する」とフジテレビに対して抗議し、夕方にはフジテレビ社長が

「もしその時代が違っていて、不快な面をお持ちになった方がいたことは、テレビ局としては大変遺憾なこと」

出典:東洋経済ONLINE

Twitterで炎上して、またも炎上テレビ局となっているフジテレビですが、30年前には楽しく観れたキャラクターも時代の流れによってタブーになってるようです。

テレビ局にクレームを入れるのは誰なんだろうと思いましたが、関連団体でにクレームなんですね。

 

同性愛者を否定するつもりはありませんが、クレームを入れるようなことなのかなぁとも思います。

実際、テレビに出ているお姉タレントや新宿2丁目の方達は自分達がゲイなのをネタにしながら商売をしているのだから『ホモ』のネーミングで目くじらたてる事でもないような気がします。

 

冷静に判断している人もいるんですね。

 

同性愛者は障害者なのでしょうか...

 


ほんと才能豊かですよね。

ホモは駄目だけどハゲ、デブ、ブスは良いの?

『ホモ』がタブーになってきているのは理解したけど『ハゲ』『デブ』『ブス』はどうなんでしょう?

 

かなりの差別用語だと思いますけど...

 

テレビを観ていたらそんな用語は飛び交うように耳に入ります。

マツコデラックスだってよく『ブス』って言いますよね?

その発言にみんな笑っていますし、言われた本人も笑っています。

 

『ホモ』発言がこんなに炎上するのなら『ハゲ』『デブ』『ブス』発言のほうが問題だと思います。

 

 

時代とともにテレビの制約も増えてきています。

 

 

 

おすすめの記事