『浪速のエリカ様』上西小百合を東国原がツイッターでクズ呼ばわり
スポンサーリンク

衆議院、無所属の上西小百合議員が次期衆議院選に出馬しない意思表明をしました。

『浪速のエリカ様』と呼ばれてた上原議員は歯切れの良すぎる発言で元宮崎県知事の東国原英夫(そのまんな東)とバトルをくりひろげていました。

 

なぜ上原小百合議員が出馬を断念したのでしょう?

上西小百合とは

上西 小百合 うえにし さゆり
生年月日 1983年4月30日
出生地 大阪府羽曳野市
出身校 神戸女学院大学
前職 美容関連会社勤務
所属政党 日本維新の会


維新の党

 ⇓
無所属

 

元大阪市長の橋下徹が設立した日本維新の会の政治塾、維新政治塾に参加して2012年衆議院選挙で日本維新の会公認で出馬をしました。

選挙区では敗れたものの比例で復活当選しています。

維新の党から除名をされた

上原議員が維新の党から除名を受けた理由は2015年3月13日の衆議院本会議を欠席した事から始まります。

本人は体調不良だったと釈明をしていますが、彼女は本会議欠席の前日に居酒屋やショーパブに行っていたようです。

 

これは誰が聞いても体調不良と言われても、飲みすぎだろ!!と言いたくなりますね。

 

しかも翌14~15日に男性秘書と旅行に行った事を”不倫温泉旅行”として週刊誌にすっぱ抜かれています。

しかし本人はまったく認めずに、現地には行ったが、私的で旅行に行ったわけではないとFace bookdeで釈明したのですが、もちろん聞き入れてもらえる状況ではありませんでした。

 

橋下は上西に「1回辞めて、2年間3年間もう1回修行積んで、次の選挙の時に一生懸命努力して、また維新の党から出てしっかりやればいい。

だから1回どうですか、時間置きませんか」と議員辞職を勧告した。

上西は「法に触れない限りは議員の身分は奪われません。もう、それだったら(党)除名で結構です。」と拒否したため、維新の党は上西を除名(除籍)処分を行った。

出典:Wikipedia

このころからヤバめな発言がうかがえます。

基本、法に触れていなければ問題ないスタンスなのでしょうか?

橋下代表の助け舟を蹴ってまでの『除名で結構』発言はどうかと...気が強いとキレやすいは違いますからね。

 

ツイッター炎上騒動

浦和レッズ VS ドルトムントのサッカー親善試合、3-2で浦和レッズが負けた試合をツイッターで

『浦和酷い負けかた。親善試合は遊びなのかな。

などの言葉をツイートしました。

 

それを浦和レッズサポーターが猛反発して

『サッカーなめてんの?遊び?ふざけんなよ!』

『誰があのピッチで遊んでたのか教えてください!』

 

との発言に対して上西議員は

『なんかブーブー言ってる』

『サッカーの応援をしているだけのくせに、なんかやった気になってるのがムカつく。他人に自分の人生乗っけてんじゃねえよ』

 

とファンの怒りに火をつけた事で殺害予告までされてしまった事で、西議員は警察に被害相談をしました。

自分の発言に反省をした上西議員は浦和レッズとの面会を希望しましたが、辞退をされた事にたいして

『日本を代表するブッククラブの対応だとすれば、お粗末と思います』

と逆切れ気味のツイートをしました。

 

テレビでこの件で釈明していましたが、この人の発言は意味が分かりません。

質問された事もはぐらかすし自分の言ってる事しか認めず、自分の都合が良いと国会議員と言い、都合が悪いと一般人だみたいな事をいっています。

国会議員のくせに言い訳しかしない想像力の欠けた人の印象です。

 

 

東国原との確執

事の発端は元衆議院のタレント東国原さんが上西議員の本会議欠席と不倫旅行についての言及でした。

東国原さんは上西議員の釈明に対して全く耳を貸さず、上西議員を糾弾するような発言しかしませんでした。

 

東国原は除名されたのだから議員は辞めるべきと主張しますが、上西議員も負けずに対応しながら子供の言い合いのような見苦しい喧嘩になりました。

 

 

比例で当選している身分なので維新の党を除名されたのなら議員は辞めるべきなのは当然ですが、もともとを考えると上西議員を公認した日本維新の会では東国原さんも議員として在籍していました。

東国原さんが上西議員を責めるなら、こういう女性だと見抜けず比例で出馬させた東国原さんにも責任はあるのでは?って思ってしまいます。

 

 

そのほかにも東国原さんは上西議員の秘書ともバトルを勃発しています。

上西議員が打ち合わせの時間に遅刻をしながらも謝罪の一つもなく直接スタジオに現れ東国原さんとの討論に入りました。

 

東国原さんに議員の資質を問われているなか上西議員の秘書が『東』呼ばわりされました。

 

『ガゼネタを”東”が信用してやっているからなど横やりをいれながら呼び捨てをした事に東国原さんが

『秘書が東と呼び捨てはどうなんですかね』と憤りを隠せず子供のようなケンカになりました。

 

東国原さんも歯切れがよすぎる話し方でいたが上西議員とのバトルは上西議員の秘書も参入してきて狂った政治家のような印象でした。

上西議員は東国原さんの他に梅沢富雄さんや色々な業界人に噛みついています。

とにかく上西議員は人の話を聞かないが、自分の否定的な意見には噛みつきます。

スポンサーリンク

クズ呼ばわりされたいた

東国原さんは絶対に当選しない!『次の選挙で上西議員が当選されたら、土下座でも何でもする』と言っていました。

上西議員は『次の選挙にも出馬する』『一生政治家であり続けます』などの発言をしていました。

 

なかなか大層な発言をしていて、地元回りをして政治的もしたいし選挙は勝たなくては意味が無いから勝てる政党から出馬したいなどを仰っていました。

上西議員を公認出馬させる酔狂な政党などあるのかなぁ~など思っていたら衆議院の解散がささやき始めました。

 

あれだけの発言をしていた上西議員は解散したら出馬はしないと方向転換、真逆の発言をし始めました。

理由は簡単、このまま出馬しても『勝てない』と判断したようです。

 

東国原さんは自身のツイッターで猛烈に批判しています。

本当に驚きました。不出馬って! 全くの逃げ。

今まで、「つぎの選挙には必ず出る」「私は一生政治家」と偉そうに言って来たのは一体何だったのか。

やっぱり、政治家としても人としても、あのバカ秘書共々単なる「クズ」だったですね。

出典 Twitter 東国原英夫

まとめ

おさがわせ議員としてレッテルを貼られた上西小百合議員ですが、出馬を見送り時期をみて出馬を考えていてるなどの発言はどうかな?と思いますね。

 

あれだけ出馬を明言したのだから『勝てない』との理由では自分が支持されていないと認めるようなものだし、いままでの言動が間違っていたと認めるようなものです。

しかもタレント活動のようなことはすると明言しているので、東国原さんに政治家として人としても『クズ』と言われても仕方がありません。

 

浪速の沢尻エリカ様と言われていますが、何故なんでしょう?

キン肉マンにしか見えませんが...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事