映画好きなら映画料金を1,000円にして話題の映画を観賞しよう

映画館での映画鑑賞は一般1,800円の料金がかかります。

昔と比べてはいけないのでしょうが、料金設定が高くなり映画好きの人には痛い出費なのではないでしょうか。

 

映画ってもっと身近なイメージでしたがレンタルビデオや娯楽が増えたのか、よほど観たい映画じゃない限り映画館で観る事が少なくなりました。

 

映画館に足を運ばなくなる ⇒ 鑑賞する人が少なくなる ⇒ 料金が上がる。

 

負のスパイラルです...

 

それでも映画好きの人はあの巨大スクリーンで観る映像が堪らないと言います、映画館の方も割引サービスを行ったりして客足を呼び込もうとしています。

 

映画館割引サービス

サービスデイ/ファーストデイ ハッピーマンデイ
毎月1日は全国の映画館で1,000~1100円で観賞できる ・毎週月曜日はイオンシネマで1,100円で観賞できる

・TOHOシネマズではauスマートパス会員は1,100円での鑑賞

メンズデイ レディースデイ
多くの映画館では月曜日に設定されている

※実地してない映画館もある

毎週水曜日がレディースデイ

※実地してない映画館もある

夫婦50割 レイトショー
どちらかが50歳以上であれば割引が適用

※証明書が必要

※実地してない映画館もある

20時過ぎの上映は1,100~1,300円で観賞ができる

※実地してない映画館もある

 

365日1,000円で映画鑑賞

映画館に足を運んでも割引サービスの日に行けない場合もありますよね。

とにかく映画は映画館で観るのが好き!と言う人に365日いつでも1,000円で映画が観れる方法があります。

 

それは『日本映画テレビ技術協会』の賛助会員になることです。

 

初年度は年会費16,000円と入会金5,000円をとられますが、年間23本以上の映画を観る人にとっては元がとれちゃいます。

2年目以降なら20本以上見れば元が取れる計算です。

 

元々は映画やテレビ関連の仕事を向けの物なのですが、審査を通れば一般の人も賛助会員になれます。

 

 

例えば一週間に1回映画を観たとして年間50回鑑賞したとします。

 

通常 1,800円×50=9,000円

 

会員 1,000円×50=50,000円+年会費16,000円=66,000円

 

24,000円の得になります。

 

観れば観るほどお得になる計算なので、『日本映画テレビ技術協会』の賛助会員に入会すれば観ようかどうか迷ってた映画も観るようになるかもしれませんよ。

 

日本映画テレビ技術協会

 

 

 

 

 

おすすめの記事