格安スマホのメリット・デメリットこれさえ覚えれば大丈夫!
スポンサーリンク

スマートフォンが一般的に普及されて10年以上の月日が経ち、生活の上で、無くてはならない物になっています。

 

便利になり普及率が高くなるのと比例して通信費も高くなっています。

機種の値段にしても10万円近い機種もあり高スッペクのデスクトップが買える値段です。

 

そんな『いつも携帯代が高い』と思っている人には格安スマホがお得です。

安いなら乗り換えたい人におすすめ格安スマフォを調べてみました。

格安スマホってどんなもの?

スマートフォンはSIMカードという契約者の情報を記録したカードを差し込むことで使えます。

 

それを格安SIMを使えるスマートフォンに差し込むことで使えます。

 

格安SIM+格安スマートフォン=安い通信費

 

 

格安SIMを提供しているのがMVNO(仮想移動体通信業者)です。

 

近年、格安スマホを扱う業者は200社以上とされています。

 

ドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリアから通信回線を借りてサービスを

行っているので、回線の維持費や設備投資のコストが掛からないので利用者に格安で提供できるのです。

 

なお店舗も持ち合わせてない業者が多いので営業コストも少なく済みます。

格安スマホのメリット

1.月々の料金が格安

 

大手キャリアだと毎月の料金は5,500~6,500円ぐらいかかります。

機種のローンなどを組んでいると1万円以上かかったりもします。

 

一方格安スマホだと月に2,000円前後ですむプランもあるので4,000円ぐらい月の料金が変わります。

格安スマホは安いかわりに音声電話の料金が高かったのですが通話かけ放題のプランもできたため大手と比べても遜色がなくなってきました。

 

 

2.縛りが無いのでいつでも変えられる

 

大手キャリアにある2年縛りという2年契約がありません。

 

大手3社は割引する代わりに2年間の契約をさせられます。

 

違約金は約10,000円を請求されますが、基本的に格安スマホの場合はその縛りがなく、解約時

の違約金が足かせになって解約できない事がありません。

 

 

3.プランが多い

 

大手にくらべてプランが充実しているので自分に合ったプランを選ぶことができます。

 

例えば1ヶ月でデータ通信を1GBしか使わない人のプランもあれば30GBの大量プラン

もありますし、電話機能など必要なければ除外できるプランもあるので大手みたいに少ないプランと比べると様々なプランがあります。

 

 

4.通信範囲は大手と同じ

 

格安スマホは通信エリア狭くないのかと思うほともいるかもしれませんが、大手キャリアと同じです。

 

大手キャリアの通信回線を借りているので通信エリアは基本的に大手との違いはありません。

スポンサーリンク

格安スマホのデメリット

1.スピードが遅くなる時間がある

 

データ通信など遅くなってしまう時間帯があります。

 

大手から回線を借りているので利用人数でコストが変わってきます。

契約者が多ければ多いほど安く提供はできますが、混雑時には繋がりにくくなります。

 

具体的にはお昼の12~13時あたり平日の18~20時も混雑する傾向です。

 

 

2.サポートが無い

 

最近は店舗サポート受けれる格安スマホもありますが、大手に比べると

店舗がない業者が多いので、トラブルがあった時に店舗への相談やサポートがうけられません。

 

店舗が無い業者は電話サポートがほとんどなので大手キャリアのような感覚でいるとトラブルがあった時に対応できません。

 

 

3.最新機種は使えない

 

格安スマホには最新機種にある機能を搭載していません。

 

格安スマホは普段使いには十分の30,000円~50,000円クラスのモデルです。

どうしても最新機種が使いたい人は大手キャリアと契約するしかありません。

 

 

4.キャリアメールが使えない

 

大手キャリアから提供している独自の電子メールサービスがありません。

 

docomo.co.jo・au.com・softbank.ne.jpなどをさしますが、

格安スマホに乗り換えるとこのメールアドレスは使えません。

 

格安スマホに帰るときはGmailなどのWebメールを使うことをオススメします。

Webメールのがキャリアメールより便利です。

初心者の格安スマホの選び方

最近はインターネットでも売り込みが激しいですが、格安スマホのことが詳しくないのなら家電量販店に行くことをオススメします。

SIMとスマホを別々の購入もできますし、いろんな業者が入っているので質の悪い業者への防波堤にもなってくれています。

 

質の悪い業者になると電話サポートすら無い業者もあります。あったとしても『まったく繋がらない』なんてこともあるので

販売スタッフから十分に説明を受けられる家電量販店が良いでしょう。

 

 

専門店でのセット販売もススメです。

はじめての格安スマホで良く分からなければ対面販売をしている業者が良いでしょう。

 

CMでおなじみのUQモバイルなどはauのサブブランドなので店舗も構えているので店舗でセット販売の物を購入すれば、

トラブルになった時の相談にも対応してくれます。

 

ほかにも Y!mobile楽天モバイルなども専門の販売店を設けているのでオススメです。

向いている、向いてない、格安スマホを変える人

格安スマホを使うことによって一番のメリットは料金です。

大手キャリアより安く利用できることが魅力ですが、トラブルが多いのも事実です。

それは大手キャリアと同じ状況をもとめてる利用者が多いことです。

 

『今までのメールアドレスが使えない』

『壊れたときの代替機が無い』

『通信速度が遅い』

 

これは購入する時に必ず伝えられてる事なので、承知の上のとトラブルになっています。

 

お昼や帰宅時の時間帯は通信速度が遅くなってしまう不自由が耐えられない人は格安スマホは向いていません。

 

少しの我慢で4,000円以上安くなる』という考えを持てる人が向いています。

 

 

向いてる人 向いてない人
・安い料金で抑えたい ・最新機種を使いたい
格安スマホの店舗がある ・店舗で相談や対応が必要
・違約金を払いたくない ・外で動画や電話を長く使う
・Wi-Fi環境があったり、自宅でインターネットができる ・キャリアメールが必要

 

オススメ別プラン

店舗で相談したい シェアプランみんなで分けたい SNSをたくさん使いたい

イオンモバイル

データ通信料/4GB

通話料/850円

10分以内かけ放題

月額1,580円

 

mineo

データ通信料/6GB

通話料/850円

5分以内かけ放題

月額2,190円

LINEモバイル

データ通信料/3GB

通話料/30秒20円

月額1,690円

イオンに窓口があるのでサポートが受けられる

パケットデータを分け合える『パケットギフト』がある

LINE・SNS・MUSICデーター消費ゼロ

データ通信プラン大量

通信速度の速さ

カウントフリー

OCNモバイルONE

データ通信料/3GB

通話料/830円

10分以内かけ放題

月額1,800円

UQ mobile

データ通信料/2GB

通話料/20秒30円

月額1,980円

 

BIGLOBE SIM

データ通信料/3GB

通話料/30秒20円

月額1,600円

最大30GBの大容量もある ダントツの速さがあり昼の時間でもかなり速い結果を残す 通信量をかなり消費するサービスに多数対応

 

個人的にNO1はUQ mobileイオンモバイルですね。

総合的に電波が安定しているのが、UQ mobileで、無制限かけ放題プランと全国のイオンにある店舗があるイオンモバイルが魅力的です。

購入するまとめ

自分が今どれぐらいの通信データを使っているのか、通話料はいくらなのかを確認しておきましょう。

 

料金は把握してても通信データ量がどれぐらいかを知らない人も多いので、プランを選ぶときにも参考になるので把握しておきましょう。

 

 

キャリアメールが使えなくなるので、Webメールを事前に作っておきましょう。

 

アマゾンや楽天のネットショップの登録をキャリアメールにしている人は格安スマホでは使えなくなります。

 

現在使っているスマホに格安SIMを入れた瞬間にキャリアメールが使えなくなります。

変える前にWebメールに登録を変えておきましょう。

 

 

クレジットカード決算だけの会社も多いのでカードの準備が必要です。

 

 

携帯電話は生活してくうえで無くてはならないアイテムになりましたが、大手キャリアは談合をして通信費を安くしません。

 

今一番節約できるのは格安スマホかもしれませんよ。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事